カテゴリー ‘ AV機器・カメラ・ケータイetc

Auglamour R8 シャンパンゴールドを買ってみた。

どうも、気まぐれ更新です。ネタは適度にあるのですがねえ(^_^;)

ということで、一部で話題のイヤホンを、

秋葉原のeイヤホンでAuglamour R8 シャンパンゴールドというものを、買ってみました。


まあ、こんな感じです。

Auglamourというのは中国のメーカーのようですね。良い意味で中華クオリティの商品ではないでしょうか。

4,500円(税込)という金額を考えればメタルハウジングのイヤホン本体やリケーブルが可能な遊べる作り、イヤピースも一通りとりあえず揃っているし、イヤホンを大事に使うためのハードケースもおまけに付いてくる。そして、価格を感じさせない化粧箱ですね。これがアンダー5,000円というのは恐ろしいコストパフォーマンスではないかなと。

肝心の音ですが、まあ、私は専門家ではありませんので、なんとなくの感想になりますが…

低・中域はよく出ているのではないかと思います。特にこの価格帯だと低域の物足りなさを感じる商品が多いと思うのですが、そこがしっかりしている。解像度がこの価格帯にしては段違いで高いと思います。ボーカルをしっかり聴きたいという人には良いのかもしれないかなと思いますね。

普段はSHUREのSE215を使っているのですが、個人的には遜色ないのではないのかなと思います。音質面では。

ただ、問題があるとしたら掛け心地なんですよね。10分位着けていると耳が凝ってきます。イヤピースがまだ馴染んでないからですかねえ、メタルハウジングの本体が結構重量があるのでそれを支えるので疲れてくるのでしょうか、原因はわかりませんが、他の方のレビューでも耳がつかれるという指摘が散見されますね。

イヤピースを高価なものに交換するとか、リケーブルするとかできる、やり甲斐があるイヤホンなのかもしれませんが、まあ、価格を考えれば素の状態で使うのが一番いいのかもしれませんね、リケーブルするくらいならSHUREのSE215をお勧めします。耳も疲れないし。

あと、買うときは実際にお店に行くことができるならお店で買うことをお勧めします。中の確認ができますので、コネクタ部の接続がしっかりしてそうなものを選ぶほうが良いかと。

まあ、eイヤホンのサイトの商品紹介動画はこのイヤホンのハードルを上げすぎですね(^^)、それほど期待しないで買うほうが良いですよ、こういう中華商品は。そのほうが幸せになれるんじゃないかな。

とりあえずのAV環境

今日は、仕事で外出中に段差で愛車のアンダーパネルの一部を損傷したが、なんとか無事治った。ホッとしたよ、場所が場所だけにいくらかかるのだ?あんまり高いと・・・な感じだったので、よかったよかった。

というわけで、先月末辺りから、前記事の自転車と並行して我が部屋のAV環境もちょっと弄っていました。

現状はこんな感じです↓って、暗いよね。

これ、カメラがちゃんと撮れていないのですが、部屋の電気をシアターモードにしているのですねえ。

部屋の電気はPanasonicのLED照明のHH-LC610Aという機種、ちょいと古いやつなのですが、一応現行機になるんですかね、というのもこのスポット光ができるのがこの系統のやつしか無い、新しめの機種にはこの機能付いてないのですね、間接照明を部屋に構築しようとするとお高くつきますが、これならリーズナブルに間接光環境を構築できます。

ついでにちょっと前に替えていたフロントスピーカーを、DALIのZENSOR1(ブラックアッシュ)です。評判が良かったものでねえ、実際にお店でいくつか同価格帯のを視聴してみましたが、これでいいんでないかなと、色使いが良く格好も良いし。

センタースピーカーは以前のままONKYOのD-108C、できればこれもDALIにしたいねえ。

ここ一週間ほどで投入したのは以下のブツで、それまではONKYOのHTX-22HDXを使用していたのですが、これは別の部屋に行きまして・・・

代わりにAVアンプとサブウーファー用意しないといけないではないですか。

で、AVアンプはPioneerのVSA-922にしました。約3万円で買える幸せですね。ヨドバシのアウトレットだと2万7千円でしたね。あっという間に売り切れてて仕方なく新品を購入しましたが。

まあ、当たり前のことですがHTX-22HDXとはやれることの幅が全然違う。とはいっても、最近のAVアンプはだいたいそうなのでしょうが、基本的に付属のマイクで自動的にスピーカーセッティングをしてくれます。

あとは、好きなサラウンド効果をソースに合わせて選ぶだけですね、それもiPhoneで簡単に調整が出来てしまう。便利なものです。

サブウーファーはDENONのDSW-300SGです。見事に統一性が無いですなあハッハッハ

まあ、形的にはHTX-22HDXと似てますね。まあ、これは完全にサブウーファー単機能ですが、ああ、全然低音出ます。出すぎなくらいで、余裕がありますね。

最初、無くてもいいかなあとも思いましたが、やっぱ音の幅は広がるからサラウンド環境構築には必須ですね。

意外とサブウーファーって高いんですよねビックカメラの店頭で2万円くらいするんですよねこれ、まあ、ビックのアウトレットで展示機が7千円だったので、即効で捕獲しましたタイミングイイねえ、運が良い。

とりあえずは、こんな感じですね。最近はこれでブルーレイばっか見ています。FictionJunctionはいいねぇ心が洗われるよ。

今更ながらミクスペリアdocomo Xperia(TM) feat. HATSUNE MIKU SO-04Eに機種変

はいはい、タイトルに有るとおりです。

先日、話題?のミクスペリアdocomo Xperia(TM) feat. HATSUNE MIKU SO-04Eに機種変してきました。

39,000台の限定ですか、事前の予約は結構好評だったみたいですが、蓋を開けてみれば・・・、という惨状なわけで、

まあ、ショップの人も言ってましたが、iPhone5S/Cの発売と時期が被ったのがいけませんでしたね、かなりのキャンセルが出たようです。お店の方も嘆いておりました。

私はauにてiPhone5を所有しておりますので、今回のiPhone5S/Cは見送りです。ていうか最低2年は見送り。

そして、以前から持っておりますアンドロイド端末GALAXY Sがもうじき4年目突入というところで、まあ、電話機能がおかしくなるわ、電源がいつのまにか落ちていたりとか、恐ろしい事になっておりまして、機種変をしたかったのですが、いまいちこれというものがありませんで、ええ。ただ、いい加減買い換えないと仕事に支障が出ますのでねえ・・・

で、個人的にはXperia Z1にしようかなあと、スペックはもう断然良いに決まっているのですが、ネックは大きさなわけで、とにかくデカイ!片手で操作するのがキツイっす。もうタブレットといっても別に構わないのではないかと、シャツの胸ポケットに入れるのはキツイなあと思う次第で。

散々悩んだのですが、Xperia Aでいいかなと。でも普通のXperia Aは夏モデル、もう冬モデルが出そうなのに、今更普通のを買うのはつまらないなあと、ネタ的にはミクモデルだよなあと思っていたのですが、まあ、もう予約はとっくにその時点では終わっていたわけで、どうするかなあと。

で、ミクモデル発売日なわけですが、仕事の遠征先の近隣にあったドコモショップの店頭にミクモデル有りマス的な張り紙ががが、あれ?売り切れたんじゃないの?と転売厨お疲れさん!ってことですかザマアと思っただけでその日はその場をあとにしたわけですが・・・

その後2,3日悩んで、試しに家の近所のドコモショップに行ってみるかと、そこで残っていたら買おうと思い行ってみたらありました。2台ありますと。店員さん決めちゃいましょうと機種変いっちゃいましょうと非常にニコニコ。まあ、こんなん残られても買いたい人はもう発売日に買ってるだろうし、あとはキャッシュバックを大量に付けられた在庫になるのが関の山ですしね。必死だよね。

 

てことで、決めちゃいました。ドコモポイントが大量に残っていたので頭金0、画面の保護シールと急速充電器もポイント分で買えちゃいました。

使い勝手はまあ、もうXperiaAですからね、もう今更でしょう。ネタですネタ。

まあ、個人的には気に入ってますよ。結構さり気ない痛さかなあと思うので。それより快適だわ。GALAXY Sからなのでね。

ついヘッドホンを買ってしまい・・・AKG K701

2週間くらい前になりますが、前から欲しい欲しいと思っていたブツをついに買ってしまいまして、以前から買うと心に決めてはいたが、とある理由で躊躇していたのである。
ちなみに買ったのは「澪ホン」ことAKG K701、Made in Austria、国内正規代理店のものなら7万円~8万円確実な商品なわけなのですが・・・

もちろん某作品の影響は受けまくりなわけなのですが、秋葉原のヨドバシカメラの高級ヘッドホンコーナーでお試しした時にこれはこれでいいなぁと・・・

現在使用中なのはPioneerのSE-DRS3000Cというコードレスサラウンドヘッドホンなわけで、今回購入のAKG K701とは真逆なキャラクターではないかと思います。もちろん現在使用中のヘッドホンも良いモノです。ブルーレイなんかで映画やライブを見たりするにはね、でもitunesで単純に音楽聞くだけの時はちょっと違うんですよね。

そこで、今回購入のAKG K701ですよ。買ってから2週間経ってエージングもそろそろ終わったかなと思いますので、ちょいと感想をといっても専門家ではありませんので、簡単に本当に簡単にですけどね。

K701のレビューを見るとよく低音が物足りないというのを目にするのですが、案外そんなに悪く無いと思うのですけどねぇ、まあ個人的に低音ズンズン系ではないというのもあるのですが、低音から高音までバランスよく聴かせてくれていると思います。こういう音のほうが聞いていて疲れないと思う、特に音楽聞きながら自分の世界に入る自分にはピッタリ。

今まで聞こえていなかった音が聞こえるってことは解像度が高いってことでしょうね、音の広がり方も自然で良いですね、ここらへんは開放型のいいところですよね、まあ、おかげで盛大に音漏れしますが、自室で楽しむ分には問題なしでしょう。

ああ、あと邦楽だといまいちで洋楽が断然合いますね。これでAKB48のフライングゲット聴いたのとENIGMAのRetun to Innocence聴いたのでは全然感動が違う。もちろん音楽のジャンルっていうのもあるのかもしれないけれど、洋楽だとポップでもロックでもインストでも不思議と合うんですよね。

とまあ、簡単ですがこんな感じです。

ちなみに、自分が購入したのは並行輸入品です。ですから普通の店で売ってるやつの1/3のお値段です。以前からこの値段で買えるのはわかっており購入資金の準備はしていたのでいつでも買おうと思えば買えたのですが、並行輸入品を扱っている店の評判があまり良いものではなかったので躊躇していたのです(安いといってもそれなりのお値段ですから状態の悪いの送られてきてもね)。で、その店とは別の店(こちらは悪い評判は聞かない)でも並行輸入品を扱いはじめてくれまして、K701も生産終了でいつ買えなくなるかわからないですからねえってなことでポチりました。

しかし、国内正規代理店のは高すぎだと思う、本国価格で言えばむしろ自分が買った金額のほうが適正価格、いろいろな手間賃を考えれば高くなるのは悪いことではないですがね、ほぼ本国価格で手に入れられたというのは円高というのもあるかもしれないですね。

ちなみに他にも海外通販で買うと安いものっていろいろありますよね、個人的に気になるものをいくつか、

自転車関係が海外通販で買うと安いってのは最近話題ですよね。有名なのはwiggleでしょうか、日本語ページ、日本円表記までしちゃってるサービスっぷりには脱帽です。ピンディングペダルにしたいと考えていたのでここで一式揃えるのもありかなとか考えています。

あと、昔から有名なのはBDとかDVDですね、自分の好きなアニメなんかですと、こちらのサイトを参考に見てもらうとわかるのですが、日本で買うのがあほらしくなってきます。でも欲しいのがないので意味が無いのですが。

 

それにしても、最近AKB48にはまっています。「フライングゲット」と「風は吹いている」がヘビーローテーションですよ。困ったものだ。NO MUSIC, NO LIFE.なお店の社長さんがアイドルヲタのようでその人が仕事で疲れているときにモー娘。見てはまったって言ってましたけど、まさにそんな状態。

ホームシアターのスピーカーは結局これに

先日、センタースピーカーを購入しパワーアップしたHTX-22HDXなのですが、フロントスピーカー選びに困ってたわけです。

そこそこの大きさで、それでいてお値段はリーズナブルで、それなりに鳴ってくれるものって、まあ、難しいですよね。

近所の電気屋では結局見つけられず(ニーズがないのかオーディオコーナー自体が寂れてますよね地方の電気屋はそこそこの大きい量販店でも)、どうするかなあ・・・と

で、結局どうしたかというと、VH7PCのスピーカーであるLS-VH7というスピーカーを流用することにしました。まあ、KENWOODのスピーカーだし、定価21,000円のスピーカーだったわけで、今これまでもそれなりに良い音を鳴らしてきていたわけなので安心して使えるしね。色が青というのが高級感がなくて残念だけどね。

で、↓のような状態です。

DSC00564.JPG
HTX-22HDXのスピーカーはとりあえずLS-VH7の上に置きまして、フロント5.1chとでもいいましょうか、設定でそんなんがあるので、そいつにしてみました。後ろに取り付けられれば良かったのですが、本棚が邪魔でちょいと無理そうなので、当分はこれで行きます。

ただ、普通にスピーカーを流用したのでは面白く無いので、フロントスピーカー用の予算を少し使って、インシュレーターを入れてみました。ケーブルも変えようかなと思ったんですけど、以前買えたときはそれほど効果を実感できなかったんでねえ・・・

DSC00558.JPG

買ったのはaudio-technicaのAT6098ハイブリッドインシュレーターというものです。3,000円くらいかな。真鍮のボディにハネナイトとかいうダジャレみたいな名前のゴムを使っているもので、そこそこ重くしっかりした作りだなという感じ。

実際にスピーカーのに置いてみますと、台の上にスピーカーがしっかりがっちり固定されましたね。肝心の音を聞いてみますが、まあ、言われてみるともちゃーっとしてた感じがメリハリ良くなったかなーって感じかな、まあそのくらいの、そんな気がする程度です。自分的には。

とりあえず、ホームシアターはこれで終了、これ以上はもう少し部屋というか家をどうにかしてからですね。

センタースピーカー[ONKYO D-108C]を導入

先月、ONKYOのホームシアターHTX-22HDXを導入したのですが、2.1chなわけで、この状態ですとこのシステム制限がかかった状態なのですねえ。

実に勿体無い!で、この制限を解除するにはスピーカーを増設するしか無いわけで、とりあえずはセンタースピーカーを入れ3.1chにするとだいぶ制限が外れます。5.1chまで行きたいところですがスピーカーをどうするか非常に悩ましく決められないのです。

まあ、センタースピーカーだけとりあえず、とはいっても買うまでにいろいろ迷いましたが、値段と評判でこれならということでONKYOのD-108Cというモノを購入した次第です。これ、HTX-22HDXの付属スピーカーよりもおそらく2段階くらい上のシステム用なんですよね、ちょっとアンバランスですが、いずれフロントスピーカーは良いモノにする予定なので、それを見越して買わないと勿体無いからねえ。

DSC00521.JPG

こんな感じ、サランネットを外した状態です。ずしりと重く、しっかり鳴ってくれそうと箱から開けて思いました。それだけにHTX-22HDX付属のスピーカーの頼りなさが引き立つというモノ。

ひととおり調節をして坂本真綾15周年記念ライブGiftのBDを見てみます。

う~ん、良いですねえ、こんなにかわるのか?ってくらいに別世界ですね。

声が明瞭になって、立体感が際立つと言いましょうか、まあ、専門家ではないのでどう評価したらいいのかわかりませんが、とりあえずまずいなと・・・

というのも、フロントスピーカーの購入欲がますますヒートアップしてきちゃったんですよね。これが地獄の1丁目ですかねぇ、まぁ、オーマニの人から言わせるとまだまだ全然話しにならんって感じでしょうが

 

困ったものです、年末に向けてとあるモノが欲しいなあと思ってたところで、雑誌を昨日購入してきたモノがあるんですけどねえ、まあそれについては後日

 

待望のホームシアターを導入!ONKYO HTX-22HDX

いやあ、間があいちゃいました、おもいっきりその間に散財しまして、それらをいろいろこねくり回していましたもので。
では、まずは、これホームシアターです。ONKYO HTX-22HDX

もう設置後ですけど、すんごい無理やり感がある設置ですけど、部屋が狭いのでね。
後継機のHTX-25HDXが発表されているから今更感がありますけど、だからこそ今なら展示在庫処分で投げ売り状態!自分は近所のエイデンでかなりお安く在庫品を購入できまして、HTX-25HDXとの差額で結構良いスピーカー買えちゃうねえこりゃ、ってなもんです。
そうです、基本的には肝心なアンプ&ウーファー部は変わって無いのではないかと、どうせフロントスピーカーは良いのに変えようかなと考えていたし、余った付属スピーカーはリアスピーカーにまわしちゃえば無駄がなくていいしね。だったら安いのでいいじゃんというわけでありんす。
いやあ、しかしかなり迷いました。迷いに迷いました。HTX-55HDXみたいなフロントバースピーカーのやつがいいかなとか、いやいやそれじゃ将来的な拡張性がなさそうだしなあとか、じゃあAVアンプ買っちゃうかヤマハのRX-V567がモデルチェンジでだいぶ安くなってきたし、嗚呼でも部屋が狭くて本体を置く場所がないとか、嗚呼でもでも…と悩みに悩みましたが、価格comの評価、実際に店で聴いてみてこれなら良いなと判断して購入しました。でも何よりは値段ですね。2万円で幸せになれます。
で、買ったのは先週の日曜日です。何が何でもその日に欲しかった。なぜかって?これのためじゃ!

「けいおん!!ライブイベント Come with Me!!」のブルーレイをたんのーしたかったのである。

いやあ、ほんと買ってよかったよ、ホームシアタースピーカーもけいおん!!ライブBDも。
とりあえず、現状は付属のスピーカーで2.1chで鳴らしていますが、これだけでもレグザのスピーカーよりも全然迫力が違う、とはいってもやっぱり付属のスピーカーじゃ物足りないかな。でもやっぱりブルーレイを見るのなら最低限これくらいは無いと勿体無いなあと実感。ただ、2.1chではまだまだこいつの機能をフルに生かしきれていないので、早いところセンタースピーカーは調達してきたい!あんまり量販店にないんですよね、ニーズが無いのかな、映像が良くなってるのだから、音も良くしないと勿体無いと思うのだが。
この価格帯の商品にしては入力が充実しているので、テレビにPS3にXBOXにと部屋にあるHDMI機器は全部繋げられちゃった上にまだ余っている状態。これに出力のHDMIが2系統あれば最高なんだけど、まあ無理だわな。
けいおん!!のライブBDはもう最高です、前作の「LET’S GO」を遥かに超えた、見せ方がすごい良くなった!会場のスケールのデカさが伝わってきますね。もうね、出演者陣が眩しくて格好良くてたまらんですわ。とりあえず、ファンなら買って見たほうがいいって、youtubeとかで満足せずに。

GALAXY Sも衣替えを、あと、BABOO STYLUSなんかも


ありゃ、また間があいちゃいました。twitterの自動更新見てるといっかなーって思っちゃうんですよね、あんまつぶやいてないから自動更新も見苦しいからやめるかな。
と、GalaxySですよ、SⅡがもうじき出ますけど、そんなん知ったことか、先日ドコモショップで実機に触ってきたがしっくりこないんで別にどうでもいい。個人的にはiPhone差し置いてGalaxySがメインで活躍してくれています。とはいってもiTunesをしかも母艦がMacということで音楽&動画はやっぱiPhoneなんですけどね、まあ臨機応変に適材適所で対応です。
で、GalaxySですが、いままではカバーを上の写真の一番左の赤いヤツ。アプライドで買ったGalaxyS SC02B用レザーケースというのを使っていたのですが。背面&液晶面のカバーですので、厚くなっちゃうんですよね、スーツ着用時ならそれほど気にならないのですが、夏場シャツのポケットに入れるにはちと厳しいってなもんで、なんかいいモノがないかなあと調べていますと、あったありました。
秋葉原のあきばお~にモノはあるようで、東京出張がたまたま絶妙のタイミングでありましたのでその店(あきばお~零2階)に行って買ってきたのですが、それが上の写真の右の2つ、色は青と赤なんですが、赤の方は裏っ返しにしてあります。ちなみに赤のほうの色が付いてる面はこんな感じです。値段は赤は1,050円で青は1,400円です。まあこんなもんかなという感じです。裏面見てもらえればわかると思いますが、ちょろい黒いプラ製カバーに色塗っただけです。塗装の質はよく見るとムラがあったり、埃でしょうかゴミが付着しちゃってたりとそれなりの感じです。でも心配してたフィッティングは問題ないですし、何より純正ライクな仕上がりで、他のGalaxySユーザーからはそんな色あったっけ?とちょいと人とは違うのを演出できるのではないかと思います。まあ、完全自己満足な世界ですので、興味がある人はいかが?通販でも買えるので。
あと、GalaxyのOSをAndroid 2.3 “Gingerbread”にアップデートもしました。上の写真ですと判りにくいですが電池の表示とか違うのがわかるかな、細かい点で変わっているようですけど、まあ、だからどうしたって程度の違いです素人的には、まあ不具合起きなくてよかったかな程度です。ついでに壁紙を豊崎愛生のミニスカと黒ニーソに挟まれた絶対領域が堪らんな感じに変更しました堪らんんんん
あとあと、WACOMのBAMBOO STYLUS買ったった。出張の際に買おうと思ったらヨドバシにもなければビックにもないおまけにアマゾンも無いわで困っておったのだが、灯台下暗しってやつであるわけないと思っていた近所のエイデンにひっそりと1本だけあったので査収しました。
いいね、画面の汚れが最近気になって拭くのも面倒くさかったんですけど、これで多少は防げるかな、反応も上々で全然ストレスはないですね、GalaxySでも問題なく使えてます。重さも丁度いい感じに重く、重厚な感じが良いですね。2800円と高いけど。

テレビをREGZAにしたった

ええ、いままで使っていた液晶を譲っておくれっていうので知り合いに譲りまして、まあ、渡りに船といいましょうか、だいぶテレビの値段も下がりましたよね(ちなみに譲る液晶の2005年当時の定価を見たら40万円っておそろしくなりますわな、まあHDMIの有無とか細かいこと言わなけりゃ現在でも問題ないモノだからねえ)、エコポイント無くなりましたけど、あの騒ぎ以上にお得感煽るるモノがありますね、当初は話題の5万円前半台で購入できる42インチプラズマのパナソニックVIERA TH-P42S2にしようかと思ったのですが、サイズが4畳半の部屋にはでか過ぎて見難いかなと、あとは、プラズマだと赤外線コードレスヘッドホンが使えなくなるなあということもあったりと(まあ、パイオニアの無線タイプも使っているのでいいんですけどね)、値段は安いがう~む扱いづらいってなわけで再検討しまして…
で、今回買ったのは東芝のLED REGZA 37Z1Sです。価格は6万円台後半、パナソニックの42インチプラズマと比べると高いなあという印象を受けますが、じっくりと自分の用途を考えてみると、多少高くてもこっちのほうが幸せになれるかなあと思ったわけです。
では、決め手になったところをいくつか挙げますか、
まずは、37インチというサイズ、中途半端なサイズですが4畳半の部屋ならこれが視聴するにはいっぱいいっぱいかなと、置き場所を考えてもね。
次にチューナー数ですね、こいつは地上デジタルを3基、BS/110度/CSデジタルを2基、地アナ1基、とまあたくさんあるのはいいことだってなことでね。対するプラズマVIERAは1基ずつ、物足りないですね、次に述べる点を考えるとトータルのコストパフォーマンスはREGZAが高いと判断を自分はしました。
お次は、USBハードディスク録画に対応しているということ、これだよね、DVDレコーダ使ってて、録った番組をDVDに移すというのが面倒くさくて、そのまま放置という感じで、ハードディスクの増設ができるやつならいいんですけどそうじゃないときっついなあと、満タンになると泣く泣く古いものを消して新しいのを録る、これの繰り返しで、DVD移せばいいじゃんってかんじでしょうが面倒臭がりなのでね、だったらDVDorBDレコーダいらないじゃんと機械高いし、場所取るし、でUSBハードディスクが馬鹿みたいに安いわけですよ2TBが1万円以下で買えるこのご時世、だったらUSBハードディスク積んでいくほうがいいんでないの?と判断したわけです。5万円のBDレコーダを買うことを考えれば10TBのハードディスクが買えます、そんだけあれば十分すぎるだろと、BDはPS3で再生すればBDレコーダはこれで不要だなと判断したわけです、となるとテレビ+レコーダを考えなければならないVIERAよりもREGZAのほうがいろいろな意味で良いと判断したわけです。
まあ他にもいろいろあります、HDMIの端子が多いとかね、おかげでPS3にXBOX360がHDMIで繋げられて、まだケーブル買ってきてないんでやってないですが、MacもHDMIで繋げられるなぁとか、メインPCのビデオカードを3画面出力できるやつに変えればREGZAにも…と、REGZAはパソコンに優しいですよね、そこらへんも決め手かな。
嗚呼、やっちまったなあと思ったのはREGZAリンクでPS3との連動がね出来ちゃうわけですよ、REGZAのリモコンでPS3の操作が出来ちゃうわけですよ、便利なんですよ。でもねえ、ちょっと前にBDリモートコントローラ買っちゃったんですよね、PS3でBD見る機会が増えたんでねぇ、思いっきりこれと被るなあと、ちょっと損をした気分です。
そうそう、機能のことばかりで肝心の画の事を話してないですね、やっぱブルーレイを堪能するならこれくらいの大きさの画面でフルハイビジョンでなくちゃなあと改めて実感をしましたよ、PCで使ってるディスプレイもフルハイビジョンでそれでいままではブルーレイは見てて綺麗だなぁと思っていましたけど、22インチじゃ綺麗だけど迫力が無いですよね、やっぱこれくらいの大きさになると迫力が段違いで臨場感があるなぁと感じます、ライブのブルーレイををよく見るんですけど、たまんないですよなあKalafinaってな具合でますますのめり込むわ。明日は月曜日、これで吉田類の酒場放浪記を見たらどんな感じなんだろうかと…
ただ、音ですよねあとは、悪くはないんですけど、やっぱ画に迫力があるだけに音が負けますね。まあ、4畳半なので7.1chでバチーっと組むわけにはいかないんで、最近はやりのバータイプっていうんですかね、ヤマハのこれなんかイイんですけどね、テレビよりも高い値段が一番のネックですよね。3万円前後でパイオニアオンキョーデノンあたりがあるので、レグザリンクにも対応してるし、この辺が丁度いいかなと思っています。来月辺りに買えるかな?
今回、テレビ購入にあたり、地震対策にジェルマットって言うんですかね、スタンドに貼るやつ買ったんですけど、買いに行った店が悪いのか高いよね~、2800円って、しばし考えたが、設置の時に付けないと面倒なんで泣く泣く買いましたよ。なんか足元見られてるような気がするなあ、値段貼ってないしね、静岡という土地柄もあるのかもしれないけど、で、今日100円均一行ったら地震対策ジェルとか売ってるの、まあ品質は?って感じですけどゲーム機とか小さい機械の下に貼るにはこれで十分かなってことで大量に査収、スピーカー用なんてのもあって意外と100円均一も侮れないなあと感じたわけです。

GALAXY S(SC-02B)をクルマで活用してみるPart2

PND流行ってますね。1万円から5万円くらいまで、いろいろありますわ。
まあナビ付きの車増えましたけど、メーカーOPのナビって高いですしね、我が愛車アテンザも購入の際にはメーカーOPで行くか社外品にするかで大いに悩みました、最終的にはおさまりの良さ、ナビ・オーディオレスにすることによるデメリットのほうが大きいだろうとのことで、泣く泣く30万円出してメーカーOPのナビにしました。あの当時に戻れるのならメーカーOPは絶対に選ばないね、カロッツェリアのサイバーナビを素直に選んどけと…
長くなるので本題に戻します。まあ、メーカーOPのナビって大抵は2年くらい前のデータが入ってるんですよね、我がアテンザも初回車検をめでたく終えましたので、そうなると5年落ちの地図となります。5年もすれば静岡みたいな田舎はともかく東京なんかは結構変わってます。あとは高速のスマートICなんかも増えてきてますからね。じゃ地図の更新しようかと思いますが、4万円も払ってもらえる地図は結局2年前の地図、ふざけるなと。
で、PNDにしようかと思ったわけです。4万円もあればそこそこのやつが買えます。カロッツェリアのAirNaviが買える、これなら3年間マップ更新が無料だ、3年もすればまた新しいナビを買いたくなるだろうし、これでいいじゃないのと思っていた矢先、ドコモで面白いサービスが始まりまして、ドライブネットって言うんですけど、こんなことができます。あら、ナビじゃないのこれ。しかも画面イメージ見た限りではAirNaviにそっくり。そういや、去年のCEATECでやってたわ、その時はAndroidユーザーでなかったから、ふーんiPhoneでやれやってくらいにしか思ってなかったので印象薄かったんですよね。
必要なのはドコモのAndroid端末(対応機種は上記のページで見て頂戴)、Androidのアプリそれと月額315円のドコモドライブネットの契約(ナビとして使わないのなら契約は必要ない、アプリだけインストールも可能です)です。
紛らわしいのは専用クレードル、カロッツェリアのSPX-SC01という15,000円のクレードルがあるのですが、なんとなくこれもないとダメな感じがしますよね、これ無くてもナビとしては問題ありません(ただスマホの機種、設置場所によってGPSがう~むというレベルなら必要かも)。危うく自分は買うところでした。
このクレードル、あると何が違うかっていうと、自社位置測定が無いよりは良くなるらしいということ、カロッツェリアの売りであるスマートループ渋滞情報が得られる、あとはエコドライブ診断やらですが、まあ、これらに15,000円の価値が見いだせないのなら買うだけ無駄です、数千円で売ってる車載クレードルでも買って装着すれば十分です。
てことで、付けてみました。

こんな感じです。クレードルは以前こんなこともあろうかとサンコーレアモノショップで980円で買ってたやつを装着。うむ、ヨイではないか(ちなみにナビはデモ走行させているところです)。
まあ、画面は4インチですから多少小さいですが、問題ないレベルかと、地図はかなり細かく出ます(田舎だと何もないので写真みたいな殺風景な感じですけど)、案内音声も普通に出ます。GPSの精度もトンネル内は流石に無理ですけどそうでなければ問題ないかと、ただ、東京なんかだと首都高の高架下を走ったり地下走ったりなんで、厳しいかもね。
ナビとしてはアテンザの純正ナビよりもいいかなと思うのは、駐車場の空き情報、GSの価格情報、グルメスポット、テレビの紹介スポットなんかを検索できたりというのがありがたいですね。
これだけ使えて315円/月、メインナビの補助として、スマートフォンを使い倒すということを考えればかなり良心的なサービスかと思います。
メインナビとして、また東京とかでガシガシ使うということなら専用クレードルを買ってもいいかもね。自分はもう少し様子見、というか少しでも値下がりするの待ってから買います、まだ値下がりしてないんでね。
しかし、今はドコモだけですけど、他のキャリアも始めたり、スマホがもっと普及してくると、一部メーカー以外の特徴もない中途半端な価格のPNDを出してるところは存在意義が無いと思うね。

return top