カテゴリー ‘ 雑記

静岡ホビーショー行ってきましたが、別にそういう内容でもないかなあと・・・

まあ、また間があいちゃいましたね。ていうかここ見てる人居るのか?まあ、備忘録なんでどうでもいいが。

でまあ、なんだかんだと今年も静岡ホビーショーへと行ってきました。

ほんとここ数年入場者数が増えてるような気がするのですが、気のせいでしょうか?

盛り上がっているのは大変喜ばしいのですが、若干展示が見難いのが困りもの、昔の適度な人の入りのほうが、ローカルイベント(世界的に見たらローカルイベントでは無いのかもしれませんが)らしくてのんびり見れてよかったかなという、自分勝手な望みですが。

まあ、ここ数年個人的に何が目当てというものがあって見に行ってないしね、技術の進歩は確実にありますが、そんなに目新しい物も出てないかなあという印象。

でまあ、お決まりのようにタミヤ本社のオープンハウスにも顔を出しまして、今年はアウトレットが無かったんですよね、毎年ここで買いだめするクズっぷりなのですが、残念。

買ったものといえば下の写真のフィリピン製のミニ四駆のド派手ホイールとマイティフロッグのTシャツくらいです。

ミニ四駆は流行ってますね。

自分たちが丁度その世代なのでしょうが、30代後半から40代前半くらいの第1次ミニ四駆世代がそれなりにお金も持っている年代でしょうし、子供がいればそれも巻き込んでって感じなんでしょうね。

まあ、自分も下の写真のミニ四駆を暇な時にコツコツ作っているところなのですが、何せコースにまだ走らせに行っていないんですよね~なので、現場の雰囲気がまだわからないって感じです。何よりも実践、早いところ妥協してコースで走らせないとだな。

それにしても、昔とミニ四駆の改造の仕方が変わっているので、困りものですなあ。

昔はとにかく軽量化、スポンジタイヤにワイドandローハイトなホイール、嗚呼ワンウェイホイールなんてのもあったな。トレンド&レギュレーション(タミヤ純正パーツのラインナップ)がF1に似てるのかな?

個人的には、昔のパーツで今のマシン作ってみたいかな。

アルプスあづみのセンチュリーライドに行ってきました

というわけで、自分の中では毎年恒例となった、長野県松本市で行われる自転車のイベント、アルプスあづみのセンチュリーライドに走ってきました。
前年は80kmコースを電池切れでどれくらいのスピードで、どれくらいの距離を走ったのかわからない中、全く余裕のないライドでしたが(おかげで写真が全く無い)、無謀にも今年は120kmコースで1ランク上げてしまいました。自転車も新調してロードになったしなんとかなるだろと・・・まあ、甘い考えだったわけですが。

いつものように、松本市内へは前日入りです。
早朝に静岡を出て、まずは、お決まりとなった白樺湖を目指します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相変わらず綺麗です。ここは早朝に来るべき。

このあとは、美ヶ原へと向かうのですが、ナビ通りに行くと面白くありません。ナビとは逆に車山高原方面に折れるのがベスト、そのまま霧ヶ峰高原など、高原地帯を走り抜けていきます。天気がいい日は車の窓を全開にして走ると気持ちが良いですよ。

1時間ちょっと走ると美ヶ原高原の道の駅です。所謂「美ヶ原高原美術館」というところです。標高は2,000mくらいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まだまだ雪が残っていますね。結構寒いです。明日120km走らなくてもいいなら、ここを散歩したいところですが、先に疲れてしまっては元も子もないので、受付をするために下界へと降りていきます。

受付を済ませ、家に忘れてきたドリンクボトルを現地で調達。

その後は松本観光です。今回は参加証と一緒に松本の観光名所の無料券が入っていましたので、いろいろと見て回ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

松本市内は湧き水が町の中にあります。これを探すのもなかなかおもしろい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

あと、5月第4週の土・日はあがたの森公園というところで、クラフトフェアというものをやっています。

木・金属・紙・糸布など、いろいろな素材を使ったアーティストの手作りの品が並びます。普段なかなか見れないモノが見れて面白いです。

でも、自分は食い気が勝ってしまいまして・・・

10384848_625842757505378_6972132204947238507_n 1382806_625853267504327_609811064312377100_n

 

鹿カレーまんにソーセージ盛り合わせ。どっちも美味い!です。鹿肉って普段馴染みがないのですが、長野のほうでは食べられているみたいですね、サラミなんかも売ってましたので。

ソーセージも食感がいままでにない感じで皮はパリっとしているのですが、中がふわっとしており、ジューシーです。フランクフルトもあったのでそっちも頼めばよかったなあ~と思いましたね。

まあ、なんだかんだで前日は満喫し、いよいよ当日です。

早めに会場に着いて(って160km組はスタートに既に並んでいるのですが)、自転車の準備をします。バックパックの荷物を減らしたいですねえ、課題です。

準備ができたらスタート待ちに並ぶのですが、出遅れました。もう既に結構並んでる。

10351915_626223490800638_1499396329316447010_n 10152502_626228920800095_7561205918443705841_n

 

さて、スタートなのですが、結構寒い。曇り空で太陽が出ていないので、朝一は肌寒いです。身体がうまく動かない。

スタートして間もなく3~4%の坂があります。結構しんどい。先行してスタートしている160km組でも一部ここで出遅れている人がいます。「何かダメだ~」とか呟いている声が聞こえます。自分も結構キツイ。ただ、このあとはゆるやかな下りなので多少楽できます。が、早い人に付いて行ったほうが空気抵抗的に楽できるので、多少きつくてもトレインに乗せてもらいます。

約20km地点のエイドステーションです。ここまでは順調?

10301966_626262880796699_7370805432807423382_n

 

「あずさ」と「湯多里饅頭」はいつも通りです。安定の旨さ。そして、なぜかレッドブルのおねいさん達がおりまして、「レッドブルどぞー」と言うのでありがたく頂きます。

ただ、ちょっと足が吊り気味、練習不足が祟っておりますなあ。

40km地点まで目指すのですが、去年とコースが違い2kmくらい続く3~4%の坂に悶絶。自転車を降りている人も多いです。

ヒーヒー言いながらなんとか坂をクリア、だが、エイドステーションに行くには公園内の坂を延々登らなくてはならない、ここはエイドに寄らなければショートカットできるのですが、とあるものが食べたいのでそうも言っていられません。

途中で座り込んでいる人もちらほら。と言ってる自分も足をつってしまい、しばしベンチで休憩。程なくして40km地点のエイドステーション。

10006922_626292690793718_1383718072952355125_n 10308172_626292664127054_7674211402431659043_n

 

若干意識朦朧としながらも、食うものは食うということでお目当ての品、「ネギ味噌おにぎり」をいただきます。このネギ味噌が美味いんだ!地元のおじさん手作りの品で売ってないのが残念。

納豆の酵素を使った「おざんざ」も初めてでしたが美味い。納豆の匂いがする不思議な麺です。

えー、このあとはすいません。余裕がなくて写真がありません。去年よりは頑張って写真撮ったんですけどね、もう余裕がなくて。面目ない。来年はもう少し頑張ります。

詳しくはこちらをどうぞ~「信州のグルメと冠雪の山並みを楽しんだ アルプスあづみのセンチュリーライド前編」by cyclowired

あー一枚ありましたわ。

10369228_626346484121672_9202113534444304087_n

 

「完走おめでタイヤキ」です。さて、来年はどうするかな~

2014 AUTOBACS SUPER GT Round 2. FUJI GT 500km Race

GWといえば、富士スピードウェイで開催されるSUPER GTって感じでしょうか、昨年も行きましたが今年も行ってきました。

ありがたいことに昨年も今年も非常に良い天気で絶好のレース日和、富士というとどうしても天候が心配なんで、雨でも降ろうものなら昨年のWEC富士戦みたいなことになりかねないものですからねえ、あれはほんと行かなくて良かった(行った人には申し訳ないが)。

5月3日は予選日です。この日のうちにいろいろと物販を始めイベントブース的なものを消化しておきます。

あとは公式練習の時間がそこそこ長いのでグランドスタンドやアドバンコーナー・100R・コカコーラコーナーなんかに場所を移して見てみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士山が綺麗ですねえ

今年からGT500は車両規定が変わってコーナーが速くなったということでしたが、100Rの迫力が半端ないです。ここに椅子でも置いて見ていたい気分になります。

お昼はコース内レストランのオリヅルで済ませますが、去年と違いただ弁当を出しているだけですね、うーん、去年はラーメンとかおでんとかあったのになあ…

そのまま、午後はピットウォークです。昨年は決勝日に参加しましたが、決勝前は落ち着かないので予選日にしました。これが当たりなのか外れなのか、決勝日のピットウォークはレースクイーンがサーキット側に隔離され、カメコもRQ側に消えますので純粋にクルマを楽しむことができますが、予選日はそうではないので、クルマを見たくてもRQに群がるカメコの群れが立ちふさがります。でもクルマも見たいですがRQも見たいから難しいところですねえ。

ズームレンズ持ってかなかったので、結構厳しいなあって感じです。GT500系はやっぱレヴェルが高いですねえ、GT300系ではスバルは人気もありますから良いところを抑えてます。左の子はaprでAkiraって子ですが来年あたりはGT500系あたりでRQやってそうな気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時間になってレースクイーンさん達が引っ込むと割りとクルマが見えました。ZENTの塗装は綺麗ですねえって、今年のマシンはカウルがでかくて、こいつのせいでクルマの内部が見難いですねえ、GT300はこのとおり開けっぴろげです。うーん、中まで美しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土曜日はあとは予選を見るだけ、まあ、GT500は綺麗に各社分かれました。特にホンダは…

GT300は最後ダメかなと思っていたBRZが渾身のアタックで2位ゲットで会場が沸きましたねえ。

今年は山中湖に宿を取り、若干ではありますが楽をすることにしました。静岡県内といっても朝早く出なければならないのは辛いんでね。

晩飯は大豊というお店で塩ほうとうという、珍しいほうとうと、山中湖のワカサギの天ぷら、馬刺しなんかを喰らいました。美味し!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月4日は決勝日です。宿からの山中湖と富士山。うむ、良い天気に感謝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はスバルファンシートという席を取りましたので(グランドスタンドエリア指定に帽子やタオルなどグッズが付いたお得な席です)、決勝前にドライバーを始め監督、RQさん達が観客席にまで挨拶に来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、マシン達がスターティンググリッドに並んでいきます。下は初音ミクとラブライブの痛車達ですねえ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グリッドウォークですが、すごい人です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよスタートですねえ、ピットビルの上も人だらけだ。JSPORTSで後で見ましたが、グランドスタンドの応援旗が綺麗ですねえ、あと人が多い!9万人とか、去年は確か8万人だったかなあ、まあ、今年は日取りも良かったですからねえ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースの方は昨年とは違いかなり荒れたものになったのではないでしょうか、とはいってもグランドスタンド前で何か起こるってわけではないですからねえ、大型スクリーンで何かあるとわかるって感じでしょうか、まあ、これは現地観戦では仕方ないですよね、ただ、音とか匂い、ファンの熱気は現地でないと味わえないのでね。

まあ、NSXには頑張って欲しいですねえ、初戦に引き続き今回はさらにグダグダな展開、マシンは格好いいのだがGT400ではなあ…、まだ、速さがあって脆いっていう元祖NSX的な感じならまだ応援のし甲斐があるってものですが、遅くて脆いのではねえ。

GT300はアウディに頑張ってもらいたいですねえ、BMWが好調なだけに、アウディもかなりワークス色を強く出してきているのに結果がイマイチなんですよねえ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

500kmレースなんで、鈴鹿1000km程ではないにしても、ライトを付けたクルマが時間によっては綺麗になってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィニッシュです。GT500はインパル、GT300は初音ミク、双方運もありましたが強かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に、コースウォークで決勝後のサーキットを少し歩いてみました。クラッシュの後が生々しいですね、あとは1コーナーがかなり下っているんだなあと実感。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年はこれだけかなあと思います。昨年は鈴鹿1000kmに行きましたが、とにかく暑かったんでねえ、今年はJSPORTSでのんびり見ます。

シーズンオフのニスモフェスティバルとかは行くと思いますけどね、スーパーフォーミュラは1回見てみたいなあ。

日産グローバル本社ギャラリーとか初音ミクZ4との邂逅

最近は忙しく休日出勤とかで…、とまずは言い訳をしてみる

で、29日の休みは所用で横浜・東京方面へ自分の用事ではなかったので、助手席に座っていることが多く、首都高や街中だけ自分が運転かなり楽チン。

29日というとローソンでラブライブのクリアファイルとかが貰えるキャンペーンが始まる日なんですよね、とはいっても6時30分過ぎには東名高速上、キャンペーンの開始は7時から、う~むどうするかと、で、足柄PA上りならローソンがあったなあってなことで休憩ポイントを足柄にしてもらう。twitter上ではラブライバーに蹂躙されていくローソン店頭の報告画像が上がっていく、こりゃダメかなあと30分ほどスタートに出遅れたが足柄到着~、えー、杞憂でした。全種類生存、欲しいのだけもらいホクホクで店を後に(ていうか、いい加減まともにアニメ見ないとなあ、完全に二◯加です)。

遅めの朝食をイケア港北のレストランで99円のモーニングプレートとか凄いCPである。ベーコンが厚くて美味い。他にも色々食い過ぎて腹がいっぱいになりすぎてしまい、昼飯いらんわの状態に。またやってしまった。

イケアをひと通り見て、時間があるのでどうするかと、ふと、前々から行きたかったとある場所に行くかと。

で、来ました。日産グローバル本社ギャラリーです。まずは、こいつがメインですね。新しいスカイライン。格好いいですね。値段が高いのがなあ・・・ハイブリッドだから仕方ないのかもしれないが、個人的にはメルセデスの2リッターターボ搭載のがどれくらいの価格で出てくるか気になるところです。

フェアレディ240Z-Gとか古いのも。R34やR32のGT-Rもありましたが、タイヤの銘柄を見ると当時物を装着しているみたいだけど、物持ちがいいよなあと感心します。

これは、これはレアモノですなあ。マシンRSシリーズやスーパーZでなくサファリときたもんだ。

ホイ来たSUPER GT車両です。古めの車両ですね08モデルのザナヴィニスモGT-R。


何故かリーフとかと並んでいるPGC10 GT-R

R32 カルソニックGT-R

乗りたい車両に乗り込んでみたり、併設のショップで欲しかったものを購入できたりで、かなり有意義な時間を過ごすことができた。

所用のためここを後にし大黒PAへ、その後東京へ移動し、おやつを食す。COVA SHINJUKU TAKASHIMAYAでサケル(ザッハトルテ)を食す。美味し。

さらに場所を秋葉原へ移し、自転車・食い物系同人誌を漁ったりする。

UDX前で初音ミクZ4(とRQさん)と邂逅。








今週末のSUPER GT富士戦の良い練習になりました。

その後、気になっていたお店D.D.R AKIBAに行ってみます。本格的なレースシミュレータをできるお店ということで、最近ちょこちょこと出来ていますよね。ただお値段がネックで敷居が高いなあと、レーシンググローブ&シューズは有料(500円)で貸してもらわないとだし、プレイ料は10分で1,000円とか、これで、難しすぎてまともに走れなかったらきっついなあと…でも、まあやってみないことにはわからんしなあってことで、試しにやってみることにしました。とりあえず10分じゃ慣れて終わりなので20分でやってみることに、最初は普通車からやる人が多いみたいですが、どうせやるなら走ってみたい車で悔いを残したくないということでSUPER GTのGT500車両HSV-010でコースは鈴鹿かスパ・フランコルシャンで悩みましたが、まあオーソドックスに鈴鹿で。

これはプレイする前に写真を撮り忘れて次の人の準備をしているところの写真ですが、こんな感じのプレイシートでやります。かなり本格的です。

FbIOZ

 

やってみての感想は。面白い!久々に高まりました。

実車には勿論乗ったことはありませんが、ペダルが重くかなり疲れますし、シフトチェンジ時の振動もきますし、コーナでのシートの挙動など本当に運転しているみたいな感覚です。またやってみたい!となりますね。値段もこれなら納得と自分の考えも変わりました。こういうの好きな人は是非やってみるべし!

浜名湖サイクル・ツーリング2014に参加してきました

まあ、遅くなりましたが、2週間ほど前に浜名湖で開催された。「浜名湖サイクル・ツーリング2014」に参加してきました。

前年も申し込みはしていたのですが、予定が急に入ってしまいまして、今年が初参加です。

これから暖かくなってきてサイクリングにはもってこいのシーズンとなってきますし、それに合わせ、大会も増えてきます。その調整としては距離的にもアップダウンの無さも丁度良い大会なのではないかと思います。

一応、静岡県内なので、当日会場に向かえば間に合うかなという感じですね。

ということで、朝の4時30分くらいには家を出ます。高速をひた走り、若干遠回りになりますが、浜名湖SAに立ち寄り、朝食を摂ります。これから運動だというのに朝から思わずラーメンをいってしまうあたりダメですねえ。

「あおさラーメン」というもので塩味のサッパリしたラーメンです。あおさって好きなんですよ、ええ。

スタートは浜名湖花博会場(大会のときはまだ開催しておりませんが)の浜名湖ガーデンパークです。受付時間まで1時間ほど仮眠をとります。

時間となりましたら受付を済ませ、いろいろと浜松の観光案内(施設の割引券付き)や参加賞(タオルとスポーツドリンク)を先に頂き、走るときに着なければならないビブスを貰います(う~ん他の大会みたいにゼッケンをピン止めのほうがいいですねえ)

あとは自転車を車の中から引っ張り出し、組み立てと調整です。

 

こんなかんじです。新車になって初の大会です。本当はタイヤを所謂決戦用タイヤ(転がりやグリップが違うんですよね)というものを履きたかったのですが、先立つモノがありませんのでとりあえずは、標準装着のタイヤで頑張ります。

自分は2組目(1組約300名です)のスタートです。ちなみにこの大会は1,800名ほどの参加です。

とりあえず、スタートで、浜名湖畔をひた走ります。最初のチェックポイントまでは9kmなので、まあ、散歩程度ですね。風もほとんどありませんので快調です。

あっという間に付きました。舘山寺です。

浜松餃子の揚餃子1個です。餃子好きにはたまりませんねえ。おかわりしたいですが、1人1個ですかねえ・・・、まあ、後もあるのでやめときましょう。

さっさとここは立ち去り、次のCPへ約10km、浜名湖の北へ奥の方へと向かいます。「気賀関所」前です。

 

ここでは、「みそまん」です。甘くてウンマイです。いろいろなお店のみそまんがあったのですが、どれか1個だけとのこと、全種類食いたし・・・

ここも、まあ余裕ですね。CP3までは19kmやっとこさ、本格的になってきました。猪鼻湖を目指し、東急リゾートタウンというところまで、

道があまり良くありません。舗装路の上に砂利などがかなりありますし、車止めも多いです。自分のちょっと先に走っていた人が、車止めに車輪を取られて転んで救急車に運ばれていました(肋骨とか骨折したとか・・・)。

これは道中で撮ったのですが、こんな感じのところをずっと走ります。水が綺麗ですし、天気も良かったので他の参加者の人達もこのあたりでまったり休憩をとっていましたね。ここらへんはリゾート地って感じですね。

CP3に到着です。まだ10時30分位です。だいぶペースが良い?かなり早めの昼食です。まあ、何の変哲もない弁当です。

 

たまたま隣に駐車していた人と自転車談義をして飯を喰らいます。

補給を行い、CP4を目指します。今大会唯一(細かいのは除いて)の上り区間がある区間です。猪鼻湖をぐるりと回り、山を登って下る感じでしょうかね、

ええ、まあ、さすがに50km近く走っているわけなのでしんどいですよ。タマランですね。まあ、なんとかクリアしましたよ。なんにもない山でしたが、

松見ヶ浦広場というところがCP4、さすがにみなさんお疲れですかね。

ここではなぜかの組み合わせ、飲むヨーグルトとウズラの卵2個です。う~ん?これはどうなんだ?と思いながらも食べてみたら美味しかったので完食。

さすがに、休憩をしっかりここでは取ります。最後のCP5を目指します。新居の海湖館です。ここは以前牡蠣を食べに行ったことがあるのでなんとなく周辺もわかります。

新居の関所前は記念撮影で自転車の大渋滞です。ぶつかりそうになるので結構危ない。

CP5に着きますと、小さく切られたこんなものをいただきます(ピンぼけしてますね)。

何これ?って感じですが、配ってたテントのところに「うず巻」という小さな幕が風に揺られておりまして、調べてみたら新居の名物の「うず巻」というお菓子とのこと、不思議な食感(モチッとしてます)ですが疲れた身体にはたまらなく美味しい。

あとは、ゴール目指してスタート地点の浜名湖ガーデンパークに向かうだけ、楽勝楽勝とか思っていたら、この区間が一番今回の大会での苦行でありました。

地元を走るときもそうなのですが、午後になると風が強くなるのですねえ、この日もその法則に当てはまりまして、物凄い向かい風、さらに運が悪いことにこの区間は浜名湖上の橋がほとんどなのです。橋には背の低い欄干があるだけ、おまけに横を車が結構な勢いで走っていきます。

ロードバイクって意外と風の影響を受けやすいんですよね、自分のはそれほどではないのですが、自転車によってはホイールのリムの高さがあるエアロ形状のものとか、真正面からの風には効果絶大なのですが、横からでは逆効果、風に煽られて落車もありえますので、「( ゚Д゚)ヒョエーこえ~よ~」とぶつぶつ呟きながら走ります。皆さんノロノロ運転ながらも無事橋をクリア。

ゴール後はお汁粉を一杯頂きまして(写真撮り忘れました)、ほっこりです。なんとか自身最長距離の90kmクリア、達成感というよりも、結構体力ギリギリッて感じで、5月の120km大丈夫かなあ?と少々不安なのでした。

まあ、初めて参加したのですが、コースは良いと思いますね、ただ、エイドステーションのやり方が勿体ないかなあと、地域おこしでやるならもう少しうまくできないかな?と思います。情報が足りなくて印象が薄いので終わる頃には忘れちゃうので、あれ美味しかったから帰りに買ってこうかなあとなりませんね。

来年はどうするかなあ・・・という感じです。他も検討してみよう。

帰りは浜名湖SAに寄りまして、下のものを購入。

 

浜松餃子です。第1CP でもっと食いたしとなったのをここで開放。なんか4店舗くらい餃子屋さんが出ていたので、全店舗試し食いしたかったのですが、我慢我慢。

さて、次はある意味本番の5月末参加予定のアルプスあづみのセンチュリーライド120kmだなあ。

NISMOフェスティバルに行ってきたわけであります

自分の職場は先週の土曜日11月30日が大掃除&忘年会でした。12月は年末調整やらで忙しいので早めにやってしまおうということでいつもこの時期です。
まあ、なかなかハードでした。重いものを長時間持ってたりがちょっとキツくなりましたね。
とまあ、身体的にかなり疲れていたのですが、翌日12月1日はどうしても行きたいイベントがありましたので、早朝5時には家を出まして、とある場所に向かいます。まだ県内だから助かります。

向かったのはNISMOフェスティバルというイベントでして、NISMOというのは日産のモータースポーツ部門なわけで、車両・パーツの開発やチーム運営なんかもやっている会社です。まあ、そこのファン感謝祭みたいな感じですね。
向かったのは富士スピードウェイです。渋滞もなく助かりました。とはいっても、駐車場は軒並み満車、ブースには既に人が並んでおります。早い人は前日からという人も居るみたいですから勝てません。
お天気は快晴。富士山が物凄く綺麗です。まあ、写真を撮り忘れておりまして、説得力がありませんが。

しかし、毎度のことながらサーキットはデカイ&高低差がすごいです。初っ端からかなりの上り坂で心が折れそうになります。
ただ、どうしても欲しいものがあったので、急ぎブースへ向かいます。ガレージセールというブースで、実際にレーシングカーに使われたパーツを売ってくれるということでマニアには堪らんわけなのですが、もちろん人気があります。さらに物によってはかなりの高額商品もありますので、売り場への入場は5人単位でじっくり時間をかけてという感じです。
こりゃ、ダメかもなぁということで、別の場所に向かうことにしました。別のチームも同じようなことをしているので、それでも・・・

ということで、向かったわけなのですが、お値段的にも商品的にもいまいちなんですよね・・・
とふと、ピットの中を見ますと、これからイベントで走るレーシングカーの整備をしています。こちらも見ることができますので、あこがれの車でも見て気を紛らせます。

いきなりのグループCカーです。R92CPとか涙モンです。

もう、グループC好きとしては堪らんです。これだけ揃うのもこのイベントならではでしょう。しかも全部完動って凄いです。

R390とR391のツーショットも熱いですねぇ、日産もル・マン挑戦しないものでしょうか、デルタウィングでなく。

来年からスーパーGTは変わります。その車両ももちろんありますが、さすがにガードが硬いです。写真撮るのも一苦労。

歴代のスーパーGT&JGTC車両ももちろんあります。ワタシ的にはこのR34GT-Rが好きですね。

こういう変わり種もあります。マーチです初代の。スーパーシルエットというゴテゴテのエアロパーツで固めてありますが、ボンネットをよく見ると「近藤真彦」と書いてあります。ええ、マッチのマーチなんですね、これ。

現代ならこれでしょうか、ももいろクローバーZの「マジで速いんだーZ号」です。Zなだけにベース車両はGT500でかつて走っていたフェアレディZです。

なんて、見ていたら時間は過ぎて、また、元のガレージセールに戻ってきました。まだ、自分が狙っていたモノは残っています。状態は微妙になってくるでしょうが、とりあえず並びます人数少ないし、さっきよりは人の流れが速いです。1時間位待ったでしょうか、とうとう自分の番です。
やっぱり、微妙なコンディションのものが多いですが、その中でも1個良さ気なものを見つけることが出来ました。
それがこれです。

そう、ホイールです。適度な塗装の剥がれ、デカール類の状態は良いです。05年にGT500のフェアレデイZで使われたものということで、コードシールも貼ってあります。センターナットのところには家にあったZのミニカーを仕込みました。あとはガラス天板をオーダーすればテーブルの出来上がりです。普通に買うと結構いいお値段になりますが(特にNISMOは人気がありますし)、自作でやれば結構リーズナブルにできそうです。

というわけで、簡単では有りますがNISMOフェスティバル楽しいですよ。富士山も綺麗ですし、帰りは御殿場アウトレットでお買い物というのも良いのではないでしょうか。

『あの夏で待ってる』って時期でないかもしれないですが、小諸へ行ってきたよ

ツール・ド・日光の帰りに、ついでだからということで(全然ついでとは言えないですが)、小諸へと向かいました。

何故に小諸か?と、それは聖地巡礼ですよ。「あの夏で待ってる」のね。昨年も似たような時期に似たような事をやったんですけどね。

とはいっても、今回はボリューム少なめです。というのも、まだ新し目の作品ということもあり、自分自身が深く追求できていない&情報がそれほど多くもないということもあり、基本的には懐古園という場所を見た程度です。

宿は佐久平という小諸から微妙に離れたところにとってありまして、朝早くそちらを出まして、小諸へと向かうのですが、その道中、乙女湖という場所があります。ここも聖地巡礼ポイント。

分かる人にはわかる湖にかかる橋です。

実際の湖はこんな感じ人工的に作られたものだと思います。

乙女湖公園を出てすぐのところにある小海線乙女駅のところに行きますと。

う~む、わかりづらい!って感じですが、巡礼ポイントなんです。って、乙女駅の写真を取り忘れておりまして・・・

ここをそそくさと後にしまして、小諸へと向かいます。目指すは懐古園。小諸城のあった場所ですね。作品でもよく出てくるところかなと。

いやあ、流石に人が少ないなあと思ったら、同士と思しき方達がチラホラと、流石の行動力ですな。

この場所からの見晴らしが大変素晴らしく、下のような景色が見れます。

ダムも巡礼ポイントなので行こうと思ったのですが、私の車ではちょいと厳しい感じででして、今回は断念せざるを得なかったのです。

ちなみに入り口はこれで、

出口はこれって感じです。完全に毒されてますね。

まあ、私も帰り際に懐古園内?にあるお土産屋さんで、この図柄のポスターとそば饅頭を所望してしまいまして、親切な店員さんに小諸の案内書まで頂きましてありがたい限りで。一応歓迎されているのでしょうか?

アニメ・漫画で町おこしってのは最近良く聞く話で、私もこちらのブログで少ないながらも何度かネタにしてますが、基本的にはウェルカムって感じですね。まあ、いままで来なかった層がわざわざ来てくれてお金を落としていくわけですから当然の反応なんでしょうか?本心のところはわかりませんけどね。

でも、個人的には楽しいです。どこへ行くにもあてもなくっていうよりかは、何か動機があったほうが行きやすいですからね。それに、いままで行ったことが無い所に行けますし。好きになったら何度も行きたくなりますからね。

小諸にはまた来春行きます。同じ長野の木崎湖と併せてね。まだ行けていないところもありますので。

「えう゛ぁ屋」の箱根湯本の方に行ってLCLを飲む!

ってなわけで、行って来ました今日。早起きして、連休最終日でそんな混んでないでしょってな軽い感じで、完全な思いつきで。

でも、ついでなので御殿場のプレミアムアウトレットに寄って服を買い、FAUCHONでパンを買ってサッサと1時間半くらいでアウトレットを後にして、パンにかぶりつきながら箱根を目指しました。

ナビのVICS渋滞情報が箱根湯本あたりが混んでるよ~と言っているので、どうすんべってなわけでならば強羅絶対防衛線あたりに愛車を置いて箱根登山鉄道に揺られて箱根湯本を目指すのも乙ってなものでしょうということで、

これに乗って箱根湯本に行く。便利なことにsuicaが使えるのね。箱根湯本まで40分ほど、沿線には綺麗にあじさいが咲いております。自生のものなんでしょうか?

途中の駅で降りてついつい写真を撮ったり飯を食いたくなります。

電車に揺られて箱根湯本に到着、長い。普段電車に乗らないのでね。

駅から出て階段を降りていきますと、こんな広告が。

はい、つい先日オープンしたばかりの「えう゛ぁ屋」ですよ~

原宿にもあるみたいですが、箱根湯本でしか売っていない商品も結構あるようで

お店の感じはこんなんです。もう完全に駅の建物の中に取り込まれており本気度が伺えますね。

等身大?綾波が浴衣&日本手拭いでぼったっております。私ついつい日本手拭いを買ってしまいまった(何に使うのだ?)。

入り口のところにどデーンとあるのは箱根限定品の数々。全セットで買うと23,773円也!とてもじゃないが買えんわ

いろいろと買ってしまいまして、いくら使ったかはまあご想像におまかせします、値段見ないでかごに放り込んでいったので、レジでこりわびつくり・・・

喉が渇いたので、どれにするかって

まあ、最初から決めていたわけですけど

はい、LCLドリンクですよ~、ヒアルロン酸が入っているようで。ということで、LCLを取り込みます。

美味いけど、300円はいい値だなあ

でもこれ、さっきのメニューの紙を見るとマウンテンデューとアセロラジュース混ぜれば作れるってことだよな。ヒアルロン酸は別にしても。

今度マウンテンデューとアセロラジュース買ってきて量産するかな。

とこんな感じで簡単にご紹介。とりあえず、エヴァ好きの人は行ってみよう。

静岡ホビーショー行ってきた&英国から商品が届きましてPart.3

昨日はお仕事でしたので、本日、静岡市で開催の第51回静岡ホビーショーに行って来ました。

では、簡単に

From 第51回静岡ホビーショー2012

アオシマブースのLamborghiniAventador アヴェンタドールって読みます。TopGearで見たやつだ。カッチョええ、こう、ガンダムちっくですよね、各部の造形がフェラーリよりも断然こっちだな。

同じくアオシマから、渋いですよね、このチョイス。この型のキャリィというと自分はトミカのラーメン屋台を思い出します。

またまた、アオシマからけいおん!のロンドンタクシーの痛車。原作は終了したみたいですけど。

対抗して?ハセガワブースからは痛戦闘機

同じくハセガワから、輪廻のラグランジェの開発中のモノ、やっぱ飛びものはハセガワが強いですね。

バンダイは・・・落ち着いて見てられぬわ、特にガンダムだとUCのところは人がかぶりつきで動きませんね。まあ、いつものことだが。

ファインモールドでは、こちら。ある意味ニーズがあるんでしょうか?似たようなのをあとで行ったタミヤ社内で見た気がする(勿論本物の動いているやつを)。


やっぱありました。86、否。これはスバルBRZですね。86じゃなくBRZを持ってくるのが憎いですねぇタミヤさん。

86とBRZのパーツでした。

お次は、レーサーミニ四駆のウォールですね。手前側はもうホットショットをはじめ、9割がた持っていたと思います。特に好きだったアバンテとスーパーセイバーは複数台持っていました。

次のアバンテ、エアロアバンテは凄そうですね。

欲しくなりました。会場先行発売の懐かしのアバンテJr.を1台所望してしまいまった。ついでに限定商品のスモークキャノピーボディも。また、作ったら紹介しますね。とりあえず、改造パーツ無しで素組します。

最後に、懐かしい感じの1台を、昔はレーシングマスターシリーズとか言ってたような、そのころはポルシェ956っていうとロスマンズポルシェの印象が強いですが、やっぱロスマンズはタバコですから再販は厳しいんでしょうね、そこで、このニューマンポルシェなんでしょうね。個人的にはこのシリーズでは、マツダの787Bやトヨタトムス84Cなんかに憧れましたね。嗚呼、ラジコンやりてぇ~

さてさて、話は変わりまして先日、来週開催されるアルプスあづみのセンチュリーライドの参加証が届きました。嗚呼、来週が待ち遠しい。

で、これに合わせて、英国に頼んでいた追加のブツが届きました。写真は撮ってないので紹介だけ。
まずは、半袖ジャージ。
Craft RadioShack Nissan Replica Jersey – 2012
TREK乗りとしては欲しかったんですよね(まあクロスバイクでヌルい初心者ですが)、たまたま在庫が復活しておりまして、なんとか間に合いました。
ファビアン・カンチェラーラのファンとしては、別モデルが欲しいところですが、恐れ多いのでノーマルモデルにしました。

お次は、レインウェアです。
dhb – EQ2.5 Waterproof サイクリングジャケット
最近、天候が不安定ですので、レインウェアが無いと厳しいかなと、お値段が安いですので高級品のGORE-TEXとはいきませんが、テフロン加工がしてあるようで、出来は値段の割には上々ではないでしょうか。お世話にはなりたくありませんが。

最後にグローブです。
Northwave Evolution Gel Gloves – 2012
現在、使っているショートフィンガーのグローブが微妙に小さく圧迫感があるので、少し大きめにしてみまして、ちょうどいい感じの大きさでした。
これら合わせて1万5千円以下、関税も送料もかかりません。いやあ、ほんとwiggle様々です。

自転車も既に今日のうちに車の中に突っ込んでおきました。朝早く荷造りしてる暇はなさそうなのでね。

で、今日はホビーショーの帰りに行きつけのクルマ屋さんへ、来週に備えタイヤのローテーションと空気圧のチェックを、ショックなことにタイヤがあと3ヶ月くらいでまずそうだと。確かに前回買い換えてから2年、走行距離を考えても、確かにそろそろ買い替えの周期だ。自転車のサドルを買い換えようかな~と思っていたのですが、タイヤ&ホイール代のためにやめておくことにしました。嗚呼、またお金が飛んでいく~

さて、次はどんなホイールにしようかな。このあたりかな。

鰹のへそを喰らいに行く

さてさて、確定申告で忙しく、日曜日はだらだらと寝転がっていたいというのもあるのですが、休み明けに調子がおかしくなってしまいますので、適度に運動がてらに自転車で走っております。

とはいっても、それはもう先週までの話で、もう確定申告は一段落しましたので、今週からはバリバリ走るぞと思っていたらあいにくの天気でござる。

ということで、ちょいと前の話ですが、無性にとあるものを食べたくなりまして、とあるところまで自転車で向かいました。

ここは、東名高速道路の日本坂PAの上り線側です。そう、PAやSAは何も高速道路に乗らなくても行くことができるのですねえ、しかも自動車でなくても(一部のPA・SAになりますが)。

この中にあります、「焼津さかな工房」というお店、よくSAなんかで練り物系を売っているお店があると思うのですが、それと基本的には同じです、ただ、この焼津にある日本坂SAのところには変わったものがあります。

それが、鰹のへそ、鰹にへそなんてあるの?と思う方もおりますでしょう、はい、へそではありません実は、心臓なのです。このカツオの心臓を串刺しにしましてフライにしたものがここでは食べることができるのです。

それが、こちら。

2本で100円と、リーズナブルです。まあ、ここにはこれだけを食べに来ました。100円以外払っておりません。

しかし、ウマい!なんともいえないくにゅっとした食感がたまりません。子供の頃はよく食べたんですけどね、最近は全然食べていませんでした(あんまり売ってないんですよね)。なつかしさもありまして格別です。

フライにしないで静岡おでんに入れたものがありますが、それは焼津おでんというようです。私はまだ食べたことが無いのでチャレンジしてみたいですね。

有名な焼津さかなセンターなんかにもこの手の物を売っている出店があるのかなと思って以前行ったのですが、無いんですよね、かつおコロッケとかまぐろコロッケとか妙にコロッケ推しでしたけど、普通にB級グルメとして推すのならば、かつおのへそフライはリーズナブルで美味しくて、他にはなくていいと思うのですが、どうなんでしょ?

あの、有名な料理漫画の「美味しんぼ」でもかつおのへそは取り上げられたくらいですしね、しかも結構良いストーリーだったような気が…

さて、次はどんな美味しい物を自転車で食べに行きましょうか、ってこんなことやってるから自転車で動いているのに痩せないんですよね。

 

そろそろ、半袖にアームウォーマーあたりを調達しておいたほうがいいかな、今度はCRCで買うかな。

return top