ついヘッドホンを買ってしまい・・・AKG K701

NO IMAGE

2週間くらい前になりますが、前から欲しい欲しいと思っていたブツをついに買ってしまいまして、以前から買うと心に決めてはいたが、とある理由で躊躇していたのである。
ちなみに買ったのは「澪ホン」ことAKG K701、Made in Austria、国内正規代理店のものなら7万円~8万円確実な商品なわけなのですが・・・

もちろん某作品の影響は受けまくりなわけなのですが、秋葉原のヨドバシカメラの高級ヘッドホンコーナーでお試しした時にこれはこれでいいなぁと・・・

現在使用中なのはPioneerのSE-DRS3000Cというコードレスサラウンドヘッドホンなわけで、今回購入のAKG K701とは真逆なキャラクターではないかと思います。もちろん現在使用中のヘッドホンも良いモノです。ブルーレイなんかで映画やライブを見たりするにはね、でもitunesで単純に音楽聞くだけの時はちょっと違うんですよね。

そこで、今回購入のAKG K701ですよ。買ってから2週間経ってエージングもそろそろ終わったかなと思いますので、ちょいと感想をといっても専門家ではありませんので、簡単に本当に簡単にですけどね。

K701のレビューを見るとよく低音が物足りないというのを目にするのですが、案外そんなに悪く無いと思うのですけどねぇ、まあ個人的に低音ズンズン系ではないというのもあるのですが、低音から高音までバランスよく聴かせてくれていると思います。こういう音のほうが聞いていて疲れないと思う、特に音楽聞きながら自分の世界に入る自分にはピッタリ。

今まで聞こえていなかった音が聞こえるってことは解像度が高いってことでしょうね、音の広がり方も自然で良いですね、ここらへんは開放型のいいところですよね、まあ、おかげで盛大に音漏れしますが、自室で楽しむ分には問題なしでしょう。

ああ、あと邦楽だといまいちで洋楽が断然合いますね。これでAKB48のフライングゲット聴いたのとENIGMAのRetun to Innocence聴いたのでは全然感動が違う。もちろん音楽のジャンルっていうのもあるのかもしれないけれど、洋楽だとポップでもロックでもインストでも不思議と合うんですよね。

とまあ、簡単ですがこんな感じです。

ちなみに、自分が購入したのは並行輸入品です。ですから普通の店で売ってるやつの1/3のお値段です。以前からこの値段で買えるのはわかっており購入資金の準備はしていたのでいつでも買おうと思えば買えたのですが、並行輸入品を扱っている店の評判があまり良いものではなかったので躊躇していたのです(安いといってもそれなりのお値段ですから状態の悪いの送られてきてもね)。で、その店とは別の店(こちらは悪い評判は聞かない)でも並行輸入品を扱いはじめてくれまして、K701も生産終了でいつ買えなくなるかわからないですからねえってなことでポチりました。

しかし、国内正規代理店のは高すぎだと思う、本国価格で言えばむしろ自分が買った金額のほうが適正価格、いろいろな手間賃を考えれば高くなるのは悪いことではないですがね、ほぼ本国価格で手に入れられたというのは円高というのもあるかもしれないですね。

ちなみに他にも海外通販で買うと安いものっていろいろありますよね、個人的に気になるものをいくつか、

自転車関係が海外通販で買うと安いってのは最近話題ですよね。有名なのはwiggleでしょうか、日本語ページ、日本円表記までしちゃってるサービスっぷりには脱帽です。ピンディングペダルにしたいと考えていたのでここで一式揃えるのもありかなとか考えています。

あと、昔から有名なのはBDとかDVDですね、自分の好きなアニメなんかですと、こちらのサイトを参考に見てもらうとわかるのですが、日本で買うのがあほらしくなってきます。でも欲しいのがないので意味が無いのですが。

 

それにしても、最近AKB48にはまっています。「フライングゲット」と「風は吹いている」がヘビーローテーションですよ。困ったものだ。NO MUSIC, NO LIFE.なお店の社長さんがアイドルヲタのようでその人が仕事で疲れているときにモー娘。見てはまったって言ってましたけど、まさにそんな状態。