『あの夏で待ってる』って時期でないかもしれないですが、小諸へ行ってきたよ

NO IMAGE

ツール・ド・日光の帰りに、ついでだからということで(全然ついでとは言えないですが)、小諸へと向かいました。

何故に小諸か?と、それは聖地巡礼ですよ。「あの夏で待ってる」のね。昨年も似たような時期に似たような事をやったんですけどね。

とはいっても、今回はボリューム少なめです。というのも、まだ新し目の作品ということもあり、自分自身が深く追求できていない&情報がそれほど多くもないということもあり、基本的には懐古園という場所を見た程度です。

宿は佐久平という小諸から微妙に離れたところにとってありまして、朝早くそちらを出まして、小諸へと向かうのですが、その道中、乙女湖という場所があります。ここも聖地巡礼ポイント。

分かる人にはわかる湖にかかる橋です。

実際の湖はこんな感じ人工的に作られたものだと思います。

乙女湖公園を出てすぐのところにある小海線乙女駅のところに行きますと。

う~む、わかりづらい!って感じですが、巡礼ポイントなんです。って、乙女駅の写真を取り忘れておりまして・・・

ここをそそくさと後にしまして、小諸へと向かいます。目指すは懐古園。小諸城のあった場所ですね。作品でもよく出てくるところかなと。

いやあ、流石に人が少ないなあと思ったら、同士と思しき方達がチラホラと、流石の行動力ですな。

この場所からの見晴らしが大変素晴らしく、下のような景色が見れます。

ダムも巡礼ポイントなので行こうと思ったのですが、私の車ではちょいと厳しい感じででして、今回は断念せざるを得なかったのです。

ちなみに入り口はこれで、

出口はこれって感じです。完全に毒されてますね。

まあ、私も帰り際に懐古園内?にあるお土産屋さんで、この図柄のポスターとそば饅頭を所望してしまいまして、親切な店員さんに小諸の案内書まで頂きましてありがたい限りで。一応歓迎されているのでしょうか?

アニメ・漫画で町おこしってのは最近良く聞く話で、私もこちらのブログで少ないながらも何度かネタにしてますが、基本的にはウェルカムって感じですね。まあ、いままで来なかった層がわざわざ来てくれてお金を落としていくわけですから当然の反応なんでしょうか?本心のところはわかりませんけどね。

でも、個人的には楽しいです。どこへ行くにもあてもなくっていうよりかは、何か動機があったほうが行きやすいですからね。それに、いままで行ったことが無い所に行けますし。好きになったら何度も行きたくなりますからね。

小諸にはまた来春行きます。同じ長野の木崎湖と併せてね。まだ行けていないところもありますので。