残念ながらディレクシブ全面撤退

『芳賀美里』の社長&監督日記:関係者の皆様、ファンの皆様へ – livedoor Blog(ブログ)
GP2とFポンに関しては以前から止めるという話が出ていたのですが、タイトル争いをしているSUPER GTからの撤退も決めたそうで、鈴鹿1000kmが最後と、チーム・ドライバーはつらいところでしょうねえ、最悪、引き取り手がなければ権利を失うわけですから。
なんだかんだとこのブログでも書いてはきましたが、やはりモータースポーツ界から去っていくのは寂しいもの、監督の芳賀美里さんも元RQの女性監督ということでやり玉に挙げられることも多かったですが(うちも挙げちゃいましたので人のこといえませんが)、よーくやってたと思いますよ。こういうのもありなんでないかな、華やかなモータースポーツの世界なわけなんですから
こういう事になってしまった原因であるF1計画の頓挫なわけだが、現在続いているスポンサーはどうするのだろうか、こちらも撤退ですかねえ、先日のハンガリーGPでのマクラーレンのサイドポンツーンのステッカーはまだ付いていたみたいですけどね。
まあ、今回一番頂けないのはアキヤマホールディングスの行動だ、ドリテク、平成電電の話が噂通りのことであったとしたら(プライベートバンクがクレディスイスっていうのもなんだかなあと感じるね)、何の情熱もなく、モータースポーツをただのマネーロンダリングの道具として使ったのは許せない行為である。
たとえ、連中にとってモタスポがそういうモノとしても、裏でコソコソとやるのは気にいらん。

SNSでもご購読できます。

アーカイブ

Photos

DSC02115.JPGDSC02108.JPG
DSC02170.JPGDSC02110.JPG
DSC02174.JPGDSC02182.JPG
DSC02111.JPGDSC02113.JPG
DSC02117.JPG





コメントを残す

*