文房具

ファイルいろいろ






送信者 モブログ用
最近買ったファイルを紹介。
お仕事柄結構ファイルは使います。特に最近は新規プロジェクトの立ち上げなんかで資料が増えまくりです。徐々にペーパーレス化を進めてはいるところなんですが、ある程度まとまってから事務所の複合機でスキャンするって感じなんでまだまだ主流は紙です(ScanSnap S300が欲しいね)。
で、普通のクリアファイルやフラットファイルではつまらん!ということで文房具屋、ハンズ、ロフトなんかに行くと何か良いものはないかと物色している次第。
では左上から時計回りで、
1番目はKINGJIMのジャケットホルダーです。値段は105円ですね。
普通のクリアファイルと比べると割高ですね、これの良いところは自分のお好みの写真を表紙として使うことができるというだけですか、まあそれなら普通のクリアファイルで書類の一番上にお好みの写真でも置けばいいじゃないという無粋なことを言う人がいいますけど、注意しながら書類の出し入れしていればいいですけど、クリアファイルなんてのは適当に書類を入れておくモノ、いつのまにかゴッチャになって写真が大事な書類の中に紛れ込んで、書類と一緒に提出しちゃうなんて事になりかねないですから、そういう悲劇を起こさないための商品ですね。
2番目は、またもKINGJIMのEASY-IN COLORです。値段は315円です。
これまた普通の二穴ファイルなんですけど、フラットファイルの代わりに自分は使っています。
見た目のスタイリッシュなところが良いというのがありますが、紙のフラットファイルよりも表紙なんかが丈夫というのが良く、使用頻度が高く、保存期間が長い書類を綴じ込むのに使用してます。
メリットでありデメリットなところは背表紙がないところ、書類が薄いときは背表紙がないですから、ファイルが厚くならずに済むのですが、書類が厚くなってくるとやわくなってきますね。
3番目はOxford Twisted Color Clipです。値段は357円です。
色遣いがすごいですね(^^;)、一応商品紹介ではパープル&グリーンですけど、グリーンというか黄土色かな、モノはいわゆるスライドクリップファイルというやつですね。自分はLEITZのクリップファイルを好んで使っているんですけど、これ兄弟品ですね。LEITZとかEsselteとか同じグループのやつですからデザインの好みですかね、LEITZのモノとの違いはデザインはもちろんですけど、若干表紙が湾曲していて書類がめくりやすく進化しているというところでしょうか、でもやっぱLEITZのほうがかっちょいいですね、色遣いが変態的だわ。
最後はセキセイのセマックXフォルダーです。値段は210円です。
これはフォルダーが2層にわかれていて、奥のポケットはしっかり保存したいもの、手前はよく出し入れするものと使い分けるんですね。
これ、とにかくファイルのさわり心地が最高に良いです。表面はすべすべ、中はざらざら、これは使い勝手にも影響しますよね、表面はすべすべしていてファイル自体を出し入れしやすく、中はざらざらが若干ストッパー気味に作用することで簡単に書類が落ちない、素材を見直すことによる使い勝手の向上、いいですね。
とまあ、こんな感じで、最近買ったファイル四種を紹介してみました。

ゴミじゃないから捨てないでくれ:SIWA ひも付き封筒






送信者 モブログ用
先日、東京は表参道のアシストオンで買ってきたとあるものとはこれのことです。
SIWA ひも付き封筒の09春の新色レッドです。
これ一見すると使い古した紙封筒なんですよね、事務所の人から「あの中(ゴミ封筒の束が入った箱)に入っててもわかりませんね、っていうか入れときます( ^∀^)」とか言われる始末です。
勘弁してください3,000円近くするんです(^^;)
まあ、値段もあれなんですが、実際これに触れてみるとなんですけど、いやあ、無茶苦茶気持ちいい和紙の温かみというんでしょうか、いいんですよね。
作りもよーく見ると縫ってあるんですよね、丈夫なわけだなあと、感心してしまいます(同じ素材で作ったバックが店頭にあり、重ったい本が大量に入っていましたが普通に持ち上げても大丈夫でした)
悩んだのは色ですね、普通の茶封筒みたいなのと、黒、そして赤とあったのですが、茶封筒だと本気で捨てられそうなので、黒か赤だと、黒も良いんですよね皺の白が目立っていいかもしれないんですけど、なんとなく赤にしてみました。バックが黒ばっかりなんで、たまには違う色も良いかなと。

links.2009とかいろいろ

image.jpg
泊まりで東京出張でした。椿山荘で2日間ほどセミナー、泊まりはさすがにお高くて椿山荘は無理なので、有楽町線ですぐの池袋の繁華街にある池袋ホテルテアトルへ、決め手は一階にウェンディーズがあるということ、そして近所にハンズやロフトなど行きつけの買い物処があるということ、そして後述するがどうしても行きたい食い処があるからだ。
一日目は18時でセミナーが終わり、さっさとホテルへチェックイン。荷物を部屋に投げ捨てさっさと買い物へ、まずはハンズ。近い。でも、残された時間は一時間だ。とりあえず、欲しいものを探す。
一階の携帯コーナー。お目当ては次世代携帯ホルダーのRIVET。無い。渋谷のハンズはあったんだけどなあ・・・仕方ないのでパス。
三階へ、出張用品を買う。PROUDMENのトラベルキットだ。まいったことに10月から1年間隔月で泊まり出張が決まってしまったので、携帯電気シェーバーとかも欲しいなあ、ホテルのT字カミソリはつらいんだよね。
早速今回使ってみたが、洗顔料のグルーミングウォッシュと化粧水のグルーミングウォーターが良いね、香りもほのかにあって、特に洗顔料は普段使いで欲しい。
最後は六階の文具コーナーだ。お目当ては手帳。ハンズオリジナルの手帳FSダイアリーlinks.だ。まだ9月ですが、もう来年の手帳売ってるんですよね早いなあ今年も終わりか・・・、というか10月からなんですねこの手帳。去年から使用しているのですが、使い勝手がダントツで良く手放せませんよ、特に3食メモできるスペースがあり、カロリー表まで付いているなど、ダイエット中の自分には嬉しい機能。
他にも商品入れ替えで激安の商品が多数あり、今頃になってやっぱ一応買っておけば良かったかなあというものが多々あるが後の祭り。
その後、アルパに行ってロフトに行くが、このロフトは女の子専門って感じだな。まあロフトは静岡にもあるからいいや。
アルパと言えば、「銀座じゅわいよ・くちゅーるマキ(ここはブティックジョイでもいいかな)サンシャインシティアルパ1階」ってフレーズ。もう時間的には閉まっていましたがまだマキはあるんですね。店の前でこのフレーズをぼそっと言ってみる。馬鹿だ。まあ周りに人もいなかったんで。
で、ここへ来たと言うことは、飯は・・・

LEITZのファイルを入手

200804032049000.jpg
LEITZ Vivanto プロジェクトファイルってやつを近所の文具屋で見つけた。
LEITZのこのシリーズはちょっと変わったデザインでかなり好きなのだ。
このシリーズの色遣いは基本的にはオレンジ・ブルー・グリーンなんだけど、今回のはレッドなんですよね、サイトにはブラックなんてのもあるが、珍しいのでついつい買ってしまった。
実際には明日から使用を開始するのだが、ファイルはもちろんCDを入れるところがついていたり、小物を入れられるスペースが設けられていたりと、これは便利そうだ。
やっぱこのシリーズはバックに入れるのではなく、剥き出しで持ち歩きたいですね。
お値段は860円だが、新学期セールでさらに30%引きだった、うれしいねえ。

今日、涼宮ハルヒが黒くなりました(内容と関係無)

↑メタモフィギュアっていう温度で色が変わるフィギュアのこと、いままで白かったんですけど、今日見たら黒くなってた。季節の変化をフィギュアで感じる、嗚呼なんという時代か・・・
で、今日はF1始まる前に近所の文具屋で手帳を買ってきた。
使いこなせるか?
レイメイのDavinciソフトレザーのバイブルサイズ、色はダークブラウンですね。08年日付入りでこの時期買ってもとりあえず安心ってやつです。
なんで、いきなり買ったかというと、単純に30%OFFだったから、購入金額は約4500円。
アドエス持ってるし、そっちで管理を全部と思っても、やっぱり書いちゃうもんだから、どうせなら1冊持っていようということで購入。
ほんとはファイロファックスのグラフィックってモデルを購入しようかなと思っていたんだけど、こういうの使うのって初めてに近いから、最初はお手頃なやつで慣れてきたら良いのを買うかなと。
あとは、手帳につけとくペンをどうするかだなあ、ステッドラーのアバンギャルドあたりが欲しいのだが近所の店だと置いてないんだよね、ライトならあるんだけど。

商売道具の電卓を買い換えた。

20070805193121.jpg
いいねぇ~、高級機は。
カシオの5,000台限定モデルJS-20WK-BKを購入。
約9,000円もしたよ(;´д⊂)でも、欲しかったから悔いはない!
これ以前は、同じくカシオのJF-A200のバーニングレッドを使用していた。
まあ、悪くはないのだが、商売上電卓を使うことが非常に多い自分としてはそろそろきついかなと、裏面のゴムもへたってきてガタガタ五月蠅いので買い換えを決意。
でも、この赤い電卓はお客さんの所へ行くとかなり目に付くようで話をするきっかけ作りにはなっていたのでそういう意味ではこいつには感謝ですね。
で、こいつの個性に勝つやつといってもなかなかないんですよね。
一番最初に目をつけたのはアマダナの電子計算機LC-104Ⅱ。デザインのインパクトは抜群だろう。これに専用のレザーカバーをつけたら最強に強いんじゃないかと(専用カバーはうらやましいカシオも見習ってほしいところ)、銀座の伊東屋に行って実物を触ったのだがあまりのチープさに泣けてきた。これに5,000円は出せぬ(特にキータッチはひどい)。
んでだ、次の候補として考えていたモノも伊東屋にあったので触ってみたのだが、デカイ!そのくせ、キーピッチが無いに等しく打ちにくいという(タッチはいいんだけどね)、質感が良いだけに残念なんだよねえ、というのは同じくアマダナのデスクトップ電子計算機LC-204
ネット探し回ったんだがこれに勝るインパクトがあるやつがなかったんで意気消沈していたが、あったよありましたよ。それが今回購入のモノ。
パッと見のインパクトはアマダナの勝ちだろうが、重厚感が溢れんばかりの限定ブラック塗装が渋くて落ち着いていていいんでないかと、そしてさりげなくゴールドのCASIOエンブレムが限定モデルであることを主張しておりますなあ。
使い心地もバリバリの実用モデルだけあって最高。ずっしりと机に吸い付くように構え、キータッチも五月蠅くなく、しっかりと指になじむ感じはいいですね。
できれば、専用のカバーをつけてくれると嬉しかったなあ、大事なモノだけに綺麗に使いたいしね、今は100均で買った入れ物使っておるが、なんか良いもの探そう。

ACEGENEとロディアNo.11

先日、バックを買った。
ACEGENEの65112ってやつ。B5サイズのパソコンとあとはB4サイズの書類までが入るやつ。
B4サイズの書類が入ると言うが現実的にはA4サイズがいいところかな。
自分はこれに以前紹介したLEITZのオーガナイザーファイルを入れて使ってます(←こいつはほんと最高)。
値段は20000円、最初欲しいな~と思っていたTUMIのバックに比べれば安いモノ。
ショルダーベルトがいまいちだったので、今度ハンズ行ったときにエアクッションタイプのベルトが欲しいところ、ついでに最近気になっているペットボトルカバーも欲しいね。
値段の割にはしっかりとした作り、使い勝手もなかなか良好、東京出張時には活躍しそうだ。ついでに、パソコンをもう少し軽量なやつにすれば完璧?かなVAIOのtypeTあたり狙いますかな。
そうそう、最近買ったものでもう一つお気に入りのモノがロディアのNo.11とロディアカバー11クオヴァディスの組み合わせ
夏場はスーツ着ないんで、胸ポケットか尻のポケットに入れて持ち運べるこいつらは良いですね、何かあったときパッと書きこめる、自分たちの仕事では必需品ですかなあ。
いっしょにセミナーで東京に行って買い物した同僚の女性には引かれましたけどねー。たかがメモ帳で1680円だからね、まあロディアのカバー付きにしては安い方だったと思うけどなあ。

LEITZのファイルがアツい

20070428_122449.jpg
Leitzと書いてライツと読む。
この会社のファイルにはまっている。
特にお気に入りはLeitz vivanto オーガナイズファイル
オーガナイズファイル
これは開いた状態だが、見ておわかりだろうが、CDポケット、名刺ポケット、ファイルポケット(A4クリアファイルがそのまま入る)、ペンポケット、リーガルバッドともうこれ1冊でお腹いっぱいなんですよ。
個人的に嬉しいのはリーガルパッドが差し替え可能なこと、事務所専用のリーガルパッドに差し替え可能なんでかなり助かる。
ペンポケットにはゼブラのメタモードがジャストフィット!
あと、人があんま使ってないってのが良いですね、特に静岡じゃ売ってもいないもんな(おそらくだが)。
既に同じやつのオレンジを使用していたのだが、昨日東急ハンズ渋谷店に行ったらグリーンが売っていたので思わずまたまた購入(通販だとオレンジとブルーだけだからグリーンは無いと思っていた)。ついでに同じLeitzのカラークリップレインボーのオレンジを購入。どうやって使い倒してやろうかと考えるのが楽しいね。