0年 0月 の投稿一覧

MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)を高速化して蘇らせる

というわけで、パソコンネタが続きます。

ちょいと前になりますが、MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)が家で眠っていたのですが、なんとかならんかなと、使っていくうちにどんどん遅くなっていくし、家や仕事場で使っているPCがそれなりに速いので、なんとなく遅いMacを使うのが面倒になってきて、放置していたんですよね。

でも、MacBookは現行機と比べてもそれほど大きく見た目も変わっていないし、CPUは一応Corei5が付いているしHDDとメモリをなんとかすればまだ戦えるのではないかと、どうせ放置していたのだからダメ元で壊れたらそれはそれで諦めもつくし、やるだけやってみるかと改造をと、思い立ったが吉日ということで必要なものを注文してしまいました。

上のが今回用意したものです。

一番のボトルネックになっているであろうハードディスクをSSDに、Crucial のSSD 2.5インチ MX300 275GB

どうせ裏を開けるならついでにということで、メモリの増設を、Komputerbay MACMEMORY 8GB (2x 4GB) DDR3 PC3-8500 1066MHz SODIMM 204-Pinというものです。

写真には写っていませんが、工具として、しっかりしたものをと、

裏蓋のネジはずし用にアネックス(ANEX) 精密ドライバー +00×50 No.3450とHDDドライブのネジはずし用にアネックス(ANEX) T型ヘクスローブドライバー T6×50 No.6300を用意。

まあ、全部で2万円くらいでしょうか。これで蘇るなら安いものです。

で裏蓋開けるとこんな感じ。

そんなに難しくありません。メモリはパチっと引き抜けば良いだけ、ドライブも先ほど紹介したドライバーが有れば簡単です。

一丁上がりです。ビクつく必要もないくらい余裕の換装でした。むしろ、ノートPCにしては簡単な部類に入るのでは?

あとは、MacOSの再インストールです。このMacには大したデータが入ってなかったので、クリーンインストールをしてしまおうと、で、便利だったのがインターネットリカバリという機能。インターネット経由でリカバリするというのは便利ですね、何も考えずに最初の状態に戻したいならこれですね。

というわけで、おかげで、それなりに満足できるレスポンスのMacが出来上がりました。というわけで、なんかノートPCがというかパソコンがどんどん増えていくなあ、管理が大変だ。まあ、安物ではないので大事に長く使いたいね。

Surface Pro 4 を購入

またまた間があいちゃいました。私生活で色々とありまして、ドタバタしております。

まだまだ落ち着かないかな~という感じですが、まあ、嬉しいことでもあるのでマイペースで更新していこうかなと(^_^;)

と話は変わりまして、前から欲しいなあ~と思っていたノートパソコンを購入しました。

今でも併用しているのですが、これまでのノートPCはAcerのAspire TimelineX AS3830T-54Dという機種でして(購入時の顛末はこちらを参照)、これがまたお安い割には使える奴でして、Core i5のCPUにメモリは8GB、SSD化もしてましたから、現行で販売されている安物買うくらいならまだ5年前のこいつのほうが良いや、という感じでして、でも、ただ一点だけどうにもならない所が出てきてしまいまして、バッテリーなんです。このAcerのノートPCはバッテリーの交換が簡単にはできないのです、おまけに売ってる互換バッテリーは搭載されているバッテリーの半分くらいの容量しか無いという代物でして、外出先で使うにはもう厳しいかなと、電源接続で据え置きで使うには問題ないのですがね。

ということで、持ち運び用に一台買わないとかなと、仕事で使うのでね。

で、どうしようかと、最近仕事の環境もクラウド化がされてきたのでMacBookも良いな、いやいやSurface Proも捨てがたいなあ、でも、ちょい外しでhpのSpectreシリーズも色使いが格好良くて良いなあ高いけど、と思っていたらhpからENVYプレミアムとかいうの出てるじゃん。嗚呼どうしようと…

所用で東京に行くことになったので、じゃあ秋葉原のビックカメラで買うかなあ~と行くわけですよ。

で売り場に行くと、あら、HUAWEIのMateBook Xがあるじゃん、これも良いなあとか、頭の中では決まらないなあ、もう少し考えてから買うか~と売り場を後にしようかと思っていたのですが、嫁さんが「Surface Proにしよう!」と言うのです、「う~んでもMacも捨てがたいなあ」で店員さん(恐らくマイクロソフトから送られてきた人かな)が熱心に説明してくれまして、まあ、ちょいと頑張ってくれたので決めちゃいました。まあ、Surface欲しかったから良いんですけどね。

で、購入したのはこちら。

Surface Pro – 256 GB/Intel Core i5/8 GB RAM

併せて購入したのはアルカンターラの響きに負けSurface Pro Signature Type Cover色はバーガンディ、Surface Penもバーガンディで揃えました。

マウスはArc MouseではなくlogicoolのMX ANYWHERE 2Sにしました。使いやすさを重視です。

画面のフィルムはノングレアのものにしました。こちらも使いやすさ重視です。

Surface ProのSSDの補助記憶域としてmicroSDが付けられますので、SanDiskの 海外パッケージ物 microSDXC 128GB SDSQUAR-128G-GN6MA(Class10)を装着。

USB端子が一個しか無いのと有線LANの口が無いので、それを補うためにELECOMのEDC-GUA3H-Wを購入。これで旅行や出張でホテルに有線LANしかなくても安心。

あとはやっぱりカバーですね。Type Coverの上にさらにカバーしてこれで勝つる!という感じですな。

ESRというメーカーのカバーです。値段が3,000円程度なのに高級感があります。が、重いのが難点かな、でも車移動が多いのでそれほど気にならないレベルです。大事に守れるのが第一なのでそういう意味では良いカバーかと。

で、肝心の使い勝手は、まだそれほど使っていないのですが、今のところは良いですね。まず、起動時のWindows Helloが非常に便利。ちゃんと顔を認識してアカウントを切り替えてくれます。

SurfacePenも素晴らしく使い勝手が良い、マウス要らなかったかな、という感じです。写真の編集とかが凄くやりやすいのでこれからは大活躍しそう。

TypeCoverのキーボードもSurfaceの初期の頃とは比べ物にならないくらいキータッチが良くなってますね。

あとACアダプタが軽量小型なのも助かりますね。アピールして売りにすればいいのに勿体無いと思う。

それとSurfaceProを使ってみて初めてWindows 10が使いやすいと感じました。もう少し設定を煮詰めれば面白いかも。

とりあえず、今日はここまで。